ziontologist.org 世界各地
教会の人たち
わたしたちの価値観
わたしたちの信条
教会を訪問する
.

人々への奉仕

わたしたちは皆,奉仕することができます

イエス・キリストは言われました。「人がその友のために自分の命を捨てること,これよりも大きな愛はない。」(ヨハネ15:13)これは友達に愛を示すには死ななければならないという意味ではありません。わたしたちは自分よりも他人の必要を優先させる度に,自分の命を捨てるのです。(また,上記の聖句の「友」はわたしたちの出会うあらゆる人々を指していると理解することができます。なぜなら,イエスは「互いに愛し合いなさい」と命じてもおられるからです。)

わたしたちは奉仕によって自分の命を捨てます。教会員には奉仕する機会がたくさんあります。隣人のために小さい親切な行いをしたり,地域社会の奉仕に参加したり,地元の教会で責任を果たしたり,教会の大規模な人道支援活動に貢献したりすることができます。大小を問わず,これらの行為によって,わたしたちは兄弟姉妹との結びつきに幸せを感じ,また神はしばしばわたしたちをほかの人の祈りの答えとされることを思い起こします。

奉仕の目的

隣の小さな家にシングルマザーが引っ越して来たのを見たある夫婦が,手伝いに出かけました。箱を運び,床を掃除し,その女性の二人の幼い子供と遊んであげることで土曜日の一日を過ごしました。作業がすべて終わると,母親は感謝の気持ちとして,翌週の夕食に新しい隣人となった二人を招待しました。彼女にあまり余裕がないことが明らかだったので,二人は最初,断りました。しかし,彼女は目に涙を浮かべてしきりに勧めました。夫婦は,彼女の招待を受け入れることが自分たちの善意によって築いた友情と敬意の気持ちを深めるために役立つと感じました。

末日聖徒イエス・キリスト教会はわたしたちが持っているものはすべて神から与えられたものであるので,援助を必要としている人を助けるために,持っている物や金銭をはじめとして時間や才能に至るまで,すべてのものを分かち合うべきであると教えています(わたしたちはある意味で皆助けを必要としていることを忘れてはなりません)。他人に奉仕するときに,人々と築くきずな以上に永続するものはないこと,人と人をつなぐ上で,公益のために力を合わせて働くこと以上に優れた方法はないことを忘れてはなりません。かつての預言者スペンサー・W・キンボールはこのように説明しました。「神はわたしたちを心にかけ,いつも見守っておられます。けれども,神は普通,第三者を通してわたしたちの必要を満たされます」(「豊かで満ち足りた人生」 『聖徒の道』 1979年6月号,3参照)。神は御自身でその御業を行う力を持っておられますが,わたしたちに手伝わせておられるのです。それは,奉仕するときにわたしたちがすばらしい気持ちを味わうことができるからです。

キリストは奉仕の完全な模範を示されました

イエス・キリストは,この地上での最後の晩餐の後,この世の命が間もなく奪われることを知ったうえで,弟子たちとともに座に着かれました。御自分が世の罪のために苦しみを受けることを御存じでした。使徒の一人が裏切って,暴徒に引き渡され,十字架につけられることを御存じでした。重苦しい思いを抱いておられたに違いありませんが,弟子たちのもとを去る前に,謙虚にひざまずき,弟子たちの足を洗われました。完全な生活を送り,病人を癒す力と死者をよみがえらせる力を持ち,水をぶどう酒に変えられた神の御子が,この単純で謙遜な奉仕を行われたのです。だれにも増して力のある方,あるいは尊敬を受けるにふさわしい生活をされた御方ですが,ひざまずき,弟子たちの足を洗われたのです。救い主は奉仕の完全な模範を示されました。この地上での教導の業のすべての時間を,同胞である人々への奉仕に費やされたのです。

主は飢えた人に食物を与え,病人を癒し,助けを必要としている人を祝福し,教えることを通して奉仕されました。イエスは12歳の少年時代にさえ,「父の仕事に」携わられました( ルカ2:49 )。キリストが示された奉仕の完全な模範に倣おうとすると圧倒されてしまいますが,ほんのささいな行いであっても主のようになる決意を示すことができることを忘れてはなりません。病人や孤独な人を訪れるとき,わたしたちはイエスのようになります。隣人の屋根の修理を手伝い,必要とするだれかに食物を届け,災害救助に貢献し,不快感を与えた人を許すときに,わたしたちはイエスのように仕えているのです。イエス・キリストのように仕えることによってわたしたちは清められます。わたしたちの時間,才能,持ち物は自分だけのものではないことを理解させてくれます。

教会の取り組み

末日聖徒イエス・キリスト教会の会員は個人としての小さな働きのほかに,助けを必要とする様々な地域で組織化された大規模な援助を実施しています。教会は,人道支援の活動の記録を残し始めた1985年以来,支援を必要とした167か国に10億ドル以上の現金と支援物資を寄贈してきました。2010年2月の地震で被害を受けたチリでは,様々な地域にテント,防水シート,おむつ,その他の必需品を空輸し,また2010年1月にはハイチに約36トンを超える食料と緊急支援物資を2機の飛行機で送りました。彼らが最も必要としているときに,食料と必需品と奉仕する人々が到着するように,教会の地元と国内と国際組織によって速やかに救援活動の手配が行われます。

人道支援の働きについて詳しく知る